保険や税金の支払い期日を忘れずに行う

By サイバーダン子|9月 15, 2015|管理|0 comments

社会保険
社会保険は5種類に分かれています。
(1)医療保険(2)介護保険(3)労災保険(4)年金保険(5)雇用保険で社会保障のひとつです。
病院に行ったときは医療保険のお世話になっていることを実感します。
他の保険も私達の生活に欠かすことはできません。

国民年金は20歳から60歳までの日本国民が加入をしています。
一定額を支払うのですが、支払いしている期間が短いと年金がもらえなかったり受給額が減ったりします。
国民年金は二十歳を超えたら強制加入になります。
もしも学生で所得が一定基準を下回っている場合は「学生特例期間」になります。
この期間の国民年金は後日支払っても良いです。
税金
生活をしているとさまざまな税金があります。
仕事をしたお給料から引かれるのが所得税です。
所得税は国の予算にもなっている税金です。

親の扶養に入っている場合に注意することがあります。
年間を通して103万円を越えて稼いでいると扶養家族から外れます。
親の勤務先によっては扶養手当が減らされることもあります。

これ以外にも自動車税・たばこ税・消費税・住民税といろいろあって、公共交通機関の施設や道路などに利用されます。
源泉徴収
所得から会社が税金分を前もって国に納めるしくみのことです。
納付しましたという企業の領収書が源泉徴収票です。
確定申告をする場合に必要になったりする書類です。