仕事の影響でストレスが溜まってくる

By サイバーダン子|10月 17, 2015|人間関係|0 comments

一人暮らしの場合の人間関係はどうなんでしょうか?
家庭の中ではひとりですから関係はないですが、社会に出れば嫌をなしに人間関係を意識せざるを得ません。
職場や学校など。
人と接する機会は巡ってきます。

人間関係のストレス要因

他人との付き合い・恋愛関係・本意ではない酒席への出席。
自分では意識しない間にストレスが蓄積します。
そういったストレス過多状態の場合は精神的疾患にかかりやすいですからストレス解消方法を持っておきたいです。

一人暮らし独特の心の病気

喧嘩・失恋・仕事の失敗……。
こういったことが続くと不眠になることもあります。
「時が解決する」――そうであればいいですが、長引くと厄介です。

最近多いのが「うつ病」です。
「そんなのは気合いが足りないからだ」という人はあまりにも安易に考えすぎです。
仕事にも影響がでてきて、考えが中々まとまらないこともあります。
集中力が欠落するとミスが増えます。
さらにイライラがつのる悪循環になるので神経内科を早めに受診するようにしてください。

生活リズムの崩れが原因になっていることもありますので夜更かしはさけましょう。

仕事の緊張がずっと自宅に帰って続いているかもしれません。
そんな場合は不眠になります。
軽いエクササイズやウオーキングをすることで眠りやすくなります。

周囲の親しい人がうつ病になったらどういう風に対処するべきか?

うつ病になってしまうと本人も周囲の人も対処方法がわからず辛くなります。
病状を知らない人からみたら、「なまけているんじゃないのか?」とみられたりします。
それがまたイライラを募らせます。

うつ病患者は自分に余裕がなく「申し訳ない」という気持ちが蓄積してゆきます。
周囲の人は「自分が病気を治してあげよう」という気持ちになるとうつ病患者に余計なプレッシャーを感じさせます。
静観するのが共倒れを防ぐ方法です。

うつ病は良くなってきたタイミングに注意

改善が見られてくると油断します。
回復期になると気をゆるめてしまいます。
ですが、自分で少しずつ動けるようになると自殺率が高いので注意してください。